なぜタロット占いにハマる?不倫をする女性の心理状況とは

占い全般
なぜタロット占いにはまる?不倫をする女性の心理状況とは、の見出し画像

不安になった時、占いに頼る、というのは邪馬台国の時代や飛鳥時代から変わらず行われてきました。もちろん初めは政治的な使われ方をしていましたが、それがだんだんと一般的に行われるようになり現在に至っています。

不倫をしている女性たちの間では、タロット占いが人気であることも多いです。最近は、簡易鑑定ツール(web上で自動的に占ってもらえるもの)も出てきているのに、個人で占いを依頼する人も多いそうです。

それはなぜなのでしょうか?今回はそんな女性の心理について探っていきます。

■人に話せない秘密の恋は甘美であるのと同時に孤独

不倫をしている女性たちは、基本的には誰にも相談ができません。付き合っている相手に結婚相手がいたり、自分に結婚相手がいたりするわけですから、堂々と彼のことを周りに言えないのです。

ただ、周りに知られずに、付き合うというのは罪悪感を覚える場合もあれば、「二人だけの秘密」という言葉の魅力に取りつかれている人もいます。

一人で背負っている罪ならば重く苦しいという感情しかありませんが、愛する人と一緒に背負っている罪ならば、それは甘く苦しいものに変わってしまうからです。

だから人は、他の相手がいたとしても、愛する人との逢瀬を止めることができないのです。ただそれと同時に、誰にも話を聞いてもらえない孤独感も一緒に背負っています。

■簡易鑑定ツールと個人鑑定の違い

不倫をしている女性向けに簡易鑑定ツールを掲載した記事などもweb上で見かけます。簡易鑑定ツールとは、プログラムされた占いのことです。

簡易鑑定ツールで扱われている占術はタロットや西洋占星術、姓名判断、数秘術、九星気学など様々あります。ただこれは、どちらかというと「雑誌の占い」の要素に近いのではないでしょうか?

不倫をしている女性にとって本当にしてほしいのは「なんでもいいから占いを」ではなく、「自分のことを占ってもらっている」かつ「自分のために伝えてくれている」です。簡易鑑定ツールでは、残念ですがこの二つを満たしてはいません。

それに対して個人鑑定は不倫をしている女性のニーズをすべて満たしています。そのため、本当に不倫について悩みがある人は個人鑑定を好むようになります。

■卜占と言われるタロットの本質

卜占、推命と呼ばれる二つの占いがあります。

卜占は占う度に結果が変わるもので、今この時のことを占ったり、少し先の未来を占ったり、人の気持ちを占ったり、人の行動で常に変わっていく「時」を追いかけることのできる占いです。

それに対して「推命」は、生まれた時から定められていることを占うものです。その人の性格やその人が何をなすために生まれてきたのか、大枠の人生は生まれた時に定められているという考えのもと作られています。

そして卜占は何度も占うものですが、推命は一度占えば結果が変わることはないので何度も占うものではないという特徴があります。タロット占いは、卜占と推命のどちらなのかというと卜占です。

人の気持ちを占うことにも使われているので、毎回同じ結果が出るとは限りません。だからこそ、何度もリピートをして占いをしてもらいに来る人が多いと言えます。

またタロットの本質は、推命のようにロジックがないというところにもあります。ランダムに出されたところから、1枚もしくは数枚のカードを引いて、そこから答えを導き出します。それなのに人の心を言い当てることができるので、その神秘も人の心を惹きつける要素の一つです。

■不倫をする女性の心は常に揺れている

少し占いから離れて、不倫をする女性の心理についてみていきましょう。不倫をしている女性とその他の恋をしている女性では大きな違いがあります。それは、心の揺れ具合です。

女性は身体のつながりよりも心のつながりの方を重要視しています。だから恋愛の関係者に複数人がいるという状況は精神的につらい状況といえるでしょう。

不倫ではなくても、「あの人は本当は私のこと、どう思っているんだろう?」とか、「この関係の未来ってどうなっているんだろう?」と悩んでしまうものです。

人は誰かの気持ちを100%知ることはできないため、相手の気持ちを想像するしかできません。だから恋愛をしている女性は不安定になることが多いのですが、相手から「愛されている」という感覚があるため幸せでもあります。

ただこれが不倫になってくると、通常の恋愛の時の悩みの他に第三者の気持ちが加わってきます。「彼の奥さんは彼をどう思っているんだろう?」とか「私の旦那は私のことをどう思っているんだろう?」とか「この関係、誰にもバレてないよね?」など、通常の恋愛よりも心配事が増えるため、不倫をしている女性は通常の恋愛をしている女性よりも心が揺れやすい状態だと言えるのです。

■気持ちを占うのに最も適しているのがタロット占い

占いの話に戻りましょう。不倫をしている人は、他の恋愛をしているよりも心がより揺れ動くという事はお伝えしました。そういった気持ちを占うのに最も適している占術はといえば、実はタロット占いが一番適しています。

推命の占いとは違い、タロット占いは卜占です。そしてタロットカードには、それぞれのカードに物語があり、そこに「気持ち」が込められています。

タロットカード1枚1枚に込められている「気持ち」をすくい上げることで、人の気持ちを浮き彫りにすることができるというわけです。

同じカードが出たとしても、占われる人によってカードの意味が変わってきます。星占いのように、双子座の人はみんな同じ意味ではなく、「女帝のカード」が出た人であっても、その解釈の仕方は占われる人によって変わるということ。

ここに特別性があり、あなただけの占いというのが存在しています。

不倫をしている女性たちがタロット占いを好むのは、こういった部分にもあるのではないでしょうか?

■不特定多数ではなく「一人の占い師」というのが重要

不倫をしている女性は同じ占い師さんに何度も占ってもらう傾向があります。

個人鑑定をしている占い師を検索してみると、非常に多くの占い師の名前が挙がってきます。一人に占ってもらわなくても、色々な人に占ってもらうことだってできるわけです。それなのに、同じ占い師さんを選ぶ理由は何でしょうか?

同じ占い師さんであれば、一度目に占ったことを踏まえたうえで占ってくれるという利点があるからです。またタロット占いは占う度に結果が変わるもののため、毎月占いをしに行く人もいます。

タロット占いが人の気持ちを占うものだと想定すれば、1か月の間にどんな行動をとったかで、人の気持ちが変わるという道理は通ります。だから毎月同じ占い師さんに占ってもらいに行くのでしょう。

毎回違う占い師さんに占ってもらうというのは珍しいケースです。もちろん、占い師さんとの相性が悪く、相性のいい人を探すまで転々としているという人はいます。ですが相性のいい占い師さんと巡り合った人は、一人の占い師さんにだけ占ってもらうようになるというのが、不倫をしている女性の心理に当てはまります。

■心のケアまでしてくれるからこそ占いに頼る女性たち

占いにはもう一つの側面があります。それは、相談相手としての占い師です。冒頭でも書きましたが、不倫をしている女性には親身になって話を聞いてくれる相談相手がいません。

不倫は秘密の関係です。友だちであっても親であっても、そのことを相談することは難しいでしょう。ですが、占い師さんは別です。タロットカードを引きながら、真剣に話を聞いてくれます。そして、不倫をしている女性が最善の道に進めるようにアドバイスをしてくれるので、心強い味方と捉えている人がほとんどでしょう。

実際、占い師のもとに訪れる人は、人には言えない恋をしている人が多いものです。占い師さんに対して、今まで誰にも言えなかった心の内をさらけ出すというだけでも、気持ちはスッキリします。さらに、親身になってどうすればいいのかを教えてくれるので、リピートする人が増えるのも頷けます。

またタロットカードは、「今」を占うものですので、数週間経てば答えも変わってきます。何度占い師さんのもとを訪れても、以前とは違う角度での話をしてくれるわけです。

不倫をしている女性にとって「タロット占い」はツールの一つでしかなく、親身になって相談に乗ってくれる占い師さんだからこそ、何度も通い続けるのでしょう