姓名判断の根拠は?結婚して名前が変わったら運勢はどうなる?

占い全般
姓名判断

自分の名前で運勢を占う姓名判断は、歴史の長い人気占術です。ネットの無料鑑定や書籍などを見ながら、一度は占ったことがあるのではないでしょうか。名前からどのようにして結果を導くのか、根拠はどこからきているのか、結婚や養子縁組をして名前が変わったら運勢はどうなるのかなど、姓名判断に対して疑問に思う人もいるかもしれません。

姓名判断といっても、歴史もあり様々な系統や流派が存在します。ここでは、今現在、ポピュラーで身近な姓名判断の根拠や様々な疑問について説明していきます。

■姓名判断の歴史と由来

姓名判断の歴史は諸説あります。一般的に言われているのは、中国の「五行説」「陰陽説」から占うというもの。漢字一つ一つを陰陽五行説に基づいて運勢を見ていくこの方法が、姓名判断の源流と言われています。

かつて、日本において名字は特権階級の一部の人だけが持つものでした。それが明治時代に入り、平民苗字許可令によって、庶民にも平等に名字が与えられるようになりました。当初はなかなか普及しなかった名字ですが、戸籍に載せたり、登録を義務付けるなど様々な法が作られ、公的に誰もが持つものとなったのです。

やがて明治26年、日本における初めての姓名判断書として、菊池准一郎の「古今諸名家姓名善悪論 初編」が出版され、この本を土台として多くの姓名判断の書籍が出版されるようになりました。 今、私たちに馴染みの深い姓名判断は、明治時代から始まったといっても過言ではないでしょう。

その下地となっているものが、中国の陰陽五行説であり、「木・火・水・土・金」の5つの元素と「陰・陽」を文字にあてはめ、そのバランスを見ながら吉凶を占うという思想が、現代の日本の姓名判断を生み出したのです。

■姓名判断の種類

姓名判断の種類は多く存在し、占い師の考えや技法により流派も多岐にわたります。多くの姓名判断のデータから取り入れられた技法も存在しています。また、日本式の姓名判断においては歴史が浅いこともあり、統計学的な要素も含まれています。ここでは日本において知られている流派の違いを紹介します。

 旧字体と新字体のどちらを採用するか

 姓名判断は姓と名の画数を見ていきますが、「廣」と「広」、「國」と「国」など旧字体と新字体が存在する漢字においてどちらを採用するか、これが流派によって変わります。

中国と日本の漢字が微妙に違うものがあったり、昔の書物には読めない漢字も多い中、旧字体を採用している流派は、「文字そのものが持つ本来の字画や意味、なりたち」を重視しています。一方、新字体の流派では、「現在、自分が使っている漢字に意味がある」と考えており、より日常に沿った形で姓名判断することを重視します。

元となっている伝統を大切にするか、現状を大切にするか、どちらに重きを置くかで流派が変わるといえるでしょう。

 漢字ではないローマ字・カタカナの姓名判断

姓名判断は基本的に漢字を使用するものの、日本では名前にひらがなやカタカナが使われることも珍しくありません。また、ローマ字の場合もあるでしょう。それらの扱いも流派によって異なります。

一例として、ひらがなやカタカナは、姓名判断の影響を受けないとしているものがあります。そのため、運に左右されないよう、自分の子どもにひらがなの名前を付けようと考える親もいます。また、ひらがなの画数をそのまま採用する流派や、漢字もすべてひらがなに直し「音」で運勢を見ていく流派もあります。

ローマ字の場合、画数を出す方法、大文字小文字で分ける方法、ローマ字の順番で出す方法などがあります。

■姓名判断の鑑定方法

今、日本で一番取り入れられている姓名判断の基本的な技法を紹介します。名字と名前で5つの格を見ていく五格と呼ばれるものです。

天格

天格は、姓の画数です。「田中」「山本」など数多い名字は、この天格だけで運気を見ることはありません。しかし、珍しい名字などは先祖代々の運として参考にするケースもあります。何世代にも渡る運を見るときには重視するとよいでしょう。

 人格

人格は、姓の最後の文字と名前の最初の文字の画数で見ます。主に家庭運、仕事運、結婚運を司ることから、これらのイベントが重要となる中年期の運を表しているとされます。人格の画数によって人生を左右することから、姓名判断の中でもっとも重視される運といえるでしょう。

地格

地格は、名の画数を見ます。その人が持つ性格や才能を活かした適職や金運など、比較的に若いうちに影響される運を読んでいきます。幼少期からの運を表しているため、この地格を活かしていくことで、熟年期の人生に良い影響を与えることができるでしょう。

外格

外格は、流派によって数え方が変わります。総格から人格を引いた画数を採用する流派、姓の最初の文字と名前の最後の2文字の画数を採用する流派、名前が1文字の場合は霊数(1文字あるとみなす方法)を足す流派などがあります。いずれの数え方も人間関係を見ていきます。人間関係は運気の重要な要素と捉え、この外格によって人生の充実度を読み解きます。 

総格

総格は、姓名すべての画数を見ます。外格で流派によって使われる霊数はここでは扱いません。人生全体の運を表すとされ、晩年に向けて徐々にこの総格の影響が強く表れます。そのため、晩年運を総格で判断する流派もあります。

 霊数

姓名が1文字の場合に使用されます。流派によって霊数は取り入れなかったり、20歳から取り入れたりと、この霊数の扱いは姓名判断の中で結果を左右するものになります。

■画数の吉凶

姓名の画数が出されると、その数字がどのような意味を持つかを見ていきます。1~81画それぞれに吉数、凶数として意味が与えられています。また男性にとって吉数であっても、女性は凶数の場合があります。5つの格すべてが吉数であれば良いものではないという考えもあり、幼少期から晩年までの運の流れを捉えながら、判断をするのが占い師の役割になります。

吉数

一般的に「吉数」と呼ばれている画数:1、3、5、6、7、8、11、13、15、16、17、18、21、23、24、25、29、31、32、33、35、37、38、39、41、45、47、48、52、57、58、61、63、65、67、68、81

凶数

 一般的に「凶数」と呼ばれている画数:2 、4、 9、 10、 12、 14、 19、 20、 22、 26、 27、 28、 34、 36、 43、 44、 46、 49、 50、 51、 54、 56 、59、 60、 62、 64、 66、 69、 70、 72、 74、 76、 79、 80

■名前が変わると運勢はどうなる? 

姓名判断

姓名判断は、名前の画数によって運を読んでいく占術です。しかし、人生の中で、結婚や養子縁組などで自分の名前が変わり、画数も変わるケースがあります。このような場合、次の3つの考え方に基づいて運勢を読んでいきます。

生まれたときの画数を重視する考え方

姓名判断は、人相や手相を占う相術と呼ばれる占術になるものの、親の意向が入っていたり、生まれたときの季節や感情などが込められている場合もあります。つまり偶然から答えを導き出す卜術の要素もあるのです。特に名前を見る地格は幼少期の運を表すので、自分のルーツを重要視する場合は、生まれたときの画数をメインに考えます。

変わった後の画数を重視する考え方

姓が変わったときに影響が出るのは、人格と外格、総格です。家庭運や仕事運、人間関係や晩年の運を表すことから、姓が変わった段階で、新しい姓名における運を調べ、傾向を読みながら生き方を思案する必要があります。より未来を重視する考え方とも言えるでしょう。

 両方の画数を重視する考え方

生まれたときから姓が変わったあとの流れを長期的に読むことが求められます。人生の流れを重視したい場合は、両方の運を読んでもらうとよいでしょう。

■良くない結果から運勢を変える方法

姓名判断の結果、生まれたときからの名前の画数が良くない、結婚したら画数が悪くなるなど、自分の名前に対して不安を抱いたり、改善したいと思ったときの解決方法を紹介します。

ビジネスネームなど表向きの名前を変える

画数が良くないと、思い切って改名したくなるかもしれません。しかし戸籍上の名前を変えるのは非常に難しく現実的ではありません。その場合、公で使う名前を画数の良いものにするという方法があります。芸能人が使う「芸名」もその類になります。漢字を使わずひらがなだけにしたり、漢字を好みの画数のものに変えてみたり、日常で使う名前を運の良いものにしてみましょう。

印相を使って運を強化する

印相とは、名前の運を強化する目的で、印鑑を作るときに使われます。名前の画数が良くなければ、印鑑の枠に接する点の数を調整するなどの技法で、名前を変えずに運を高めることができます。姓名判断と印相をセットに提供している占い師もいるので、開運を兼ねた印鑑を作るのも一つの方法です。

運の流れを意識して生き方を変える

占いを主体的に活用していく方法です。姓名判断の内容がたとえ良くなくても、その内容を受け止め、自らの行動を改善していくことで、悪い意味を克服できます。良い画数であっても努力をしなければ良い結果も得られないでしょう。悪い意味を逆手に取りながら、自分の力で運を強化していきましょう。

違う流派の姓名判断を受けてみる

多くの流派がありますので、流派によっては画数が良くなる場合もあります。良い占いだけを取り入れていくことも、姓名判断を楽しむコツといえるでしょう。

■姓名判断はどこで受けられる?占い師の選び方は?

占い館で探す

占い館や、イベントブースなどで姓名判断を扱っている占い師を見つけましょう。先述した通り、姓名判断は多くの流派がありますので、流派も確認しておくとよいでしょう。

個人で開業している占い師を探す

日本ではポピュラーな占術の一つであり、占術歴の長い占い師や、地元に根付いた対面占い師も多く存在します。個人で開業しているベテラン占い師が見つかりやすいのも姓名判断の特徴です。

スキルマーケットで探す

名前は字画を見ますので、オンライン占いに適した占いと言えます。スキルマーケットや個人サイトで展開している占い師も多くいるので、検索してみましょう。ウラクルでも姓名判断の鑑定を行っている占い師が在籍しています。

自分にとってプラスになる占い師を選ぶ

多数の中から自分にあった占い師を見極めるには、プラスになるアドバイスをしてくれるかどうかを重視しましょう。名前が悪いからと、開運のために高額商品を押し付けたり、悪い事柄だけを伝えて暗い気持ちにさせたままにする占い師はオススメしません。的確なアドバイスや前向きになる占術を提供してくれる人が、良い占い師と言えます。

■まとめ

姓名判断といっても、時代の流れの中でどんどんアレンジされ、多くの流派が誕生しています。姓名判断がどのような根拠を示しているかを知ることで、自分の名前が持つ意味をじっくり味わうことができるでしょう。根拠となるものを大切にしながら、その時その時の時代に沿った技法も参考にしていき、自分自身が一番納得したものを取り入れると、より姓名判断が活用できるでしょう。

名前は一生を通じて自分が持つ財産です。大切に扱い、人生の充実をはかっていきたいですね。