数字で占うカバラ数秘術とは?全ての数字には意味がある

占い全般
数秘術

日常生活の何気ない瞬間で、目にした数字から不思議なパワーを感じたことはありませんか?たとえば、「目覚まし時計が鳴る前にたまたま目が開いたら5時55分だった」「買い物をしたら合計が777円でラッキーセブンが並んだ」「番号札や席順など、なぜか自分に縁のある数字があるように感じる」等々。今回は、そんな数字の持つ意味、数字を使って占う「数秘術」についてお伝えします。

■数秘術とは

数秘術とは、数字を使った占いのことで、英語では「numerology(ヌメロロジー)」と呼ばれます。「全ての数字には、それぞれが持つ意味やエネルギーがある」という考え方が基本になっていて、古代ギリシャの時代から伝わる占術のひとつです。

数秘術では、生年月日と名前から、その人が持って生まれた運命や性格などを読み解くことができます。いろいろな流派がありますが、どの数秘術にも共通しているのは、1から9までの数字を使って占うことです。これらの数字は「ルートナンバー」と呼ばれ、あらゆる数の基本になるとされています。

数秘術の歴史

数秘術の歴史は長く、もともとは占いというよりは、学問の一分野と位置づけられていました。ギリシャの哲学者で数学者としても有名なピタゴラスの「数秘学」という学問から始まっています。「宇宙に存在しているあらゆるものは、数の法則に従っている」という思想がベースになった学問です。

数秘術は、数字を用いて人の行動や精神の分析を行う分析学としては最も古いもので、多くのデータからチャート等を使って読み解いていく統計学の側面も持っています。やがて、ヨーロッパで盛んに行われていた西洋占星術やタロット占いと結びつき、占いとして発展を遂げていきました。

数秘術の種類

数秘術には様々な流派があり、現在でもよく知られているのが、ピタゴラス式数秘術、カバラ数秘術、モダンヌメロロジーの3つです。それぞれ簡単に解説していきます。

– ピタゴラス式数秘術

ギリシャの数学者ピタゴラスが生み出した数式を基にして、導き出された数字を分析します。大きな特徴として、ゾロ目の数字を特別扱いしない点が挙げられます。スピリチュアルな要素がほとんどなく、分析・統計の側面が強く見られます。

– カバラ数秘術

ピタゴラス式数秘術がユダヤ文化の中で独自に発展してきたものがカバラ数秘術です。カバラとは、ヘブライ語で「伝承」という意味を持っていて、ユダヤ教の神秘的な考え方を伝えています。生年月日を使ったシンプルでわかりやすい計算方法と独自の世界観で、現代でも根強い人気があります。

– モダンヌメロロジー

モダンヌメロロジーは、特に20世紀初期以降に広まった新しい数秘術のことです。ミセス・バリエッタという女性が紹介したのをきっかけに、アメリカ国内でも広がりました。生年月日と名前から算出する方法が主流で、複数の意味のある数字を導き出すのが特徴です。

■最も有名で人気のある「カバラ数秘術」

発祥は古代ユダヤですが、現在はヨーロッパやアメリカをはじめ世界中に広がり、数秘術の中で最も有名で人気のカバラ数秘術について、詳しくお伝えしていきます。

カバラ数秘術は、人間の運命を数字で紐解くという考え方に、ユダヤ教の神秘主義思想の「カバラ」が強く結びついたことで生まれました。数字の持つ意味から人の性格や運命、未来などを読み解いていきます。

世の中全体も個人の人生も、全ては9年周期のサイクルで循環していて、一年ごとにその年の数字が持つテーマがあると考えます。9年周期を植物の成長サイクルに例えると、1年目は種まきの年で、最後の9年目は土に還る年というイメージです。

基本的に生年月日を使って占うカバラ数秘術ですが、名前から数字を導く「ゲマトリア法」と呼ばれる方法もあります。姓名をアルファベットで表記し、独自のルールで数字に変換することで、名前が持つ数字のメッセージを読み解いていきます。

魂のメッセージを知り、人生をより豊かに

私たちは皆、人生の目的や魂のテーマを持って生まれてきています。カバラ数秘術では、それぞれの数字に込められた固有の意味やエネルギーを、生年月日と名前から読み解いていきます。運命や性格、才能、運気の波、本当の自分はどう生きたいと望んでいるのか、といったメッセージを知ることで、人生をより豊かにしたい人におすすめの占いです。

生年月日から運命数を計算する方法

カバラ数秘術で最も重要な数字が「運命数」と呼ばれるものです。その人が持って生まれたテーマを表す数字で、誰でも簡単に計算することができます。

運命数の計算は、まず生まれた年を西暦で書き出します。次に、月と日の数字を全て1桁に分けてから、ひとつずつ足し算していきます。その結果として出た合計数を、さらに1桁になるまで足して導き出された数字が、その人の運命数です。

ただし、合計数が「11」「22」「33」だった場合は、そこで計算をストップします。これらのゾロ目の数字は、マスターナンバーと呼ばれる特別な意味を持った数字だからです。

(計算例)
①1990年11月23日生まれの場合
1+9+9+0+1+1+2+3=26
2+6=8  運命数は「8」

②1996年2月2日生まれの場合
1+9+9+6+2+2=29
2+9=11  運命数は「11」 
※11はマスターナンバーなのでここでストップ。

■数字の持つ意味

数秘術の基本である数字、ルートナンバーには、それぞれが持つ固有の意味があります。ここからは、各数字の具体的な意味を解説していきます。

1 =「物事の始まり」数字

キーワード: リーダーシップ、開拓、オリジナリティ

1を運命数に持つ人は、新しいことが好きで独自の方法で道を切り拓いていく力に長けています。目立ちたがりで、人から注目されたり、自分の作品や仕事を評価されると喜びます。個人プレーが好きで独立心も旺盛です。リーダーシップはありますが、周りの人のフォローは得意ではありません。

2  =「受け止める」数字

キーワード:パートナーシップ、調整、結合

2を運命数に持つ人は、人の気持ちを察する力に長けています。自然に相手を気遣い、パートナーシップを築くのが得意です。組織では人間関係の調整役を任されることが多く、既存の2つのものを融合させて、新たな価値を生み出します。場の空気の変化に敏感で、自己主張をほとんどせず、決断することは苦手です。自分がどう役立っているのか、具体的に感謝されると喜びます。

3  =「自由に飛び出す」数字

キーワード:破壊と創造、陽気、無邪気

3を運命数に持つ人は、素直で明るく、子どものような無邪気さを持っています。自由奔放で、管理されることをとても嫌います。イマジネーションの世界が好きで、クリエイティブな表現が得意です。飽きっぽいところがありますが、既存の概念にとらわれず、新しい風を吹き込むムードメーカー的存在として活躍します。

4 =「基盤となる」数字

キーワード:安心、確実、真面目

4を運命数に持つ人は、真面目でコツコツと根気よく物事に取り組むことが得意です。何事にも慎重で、正義感の強い傾向があります。勉強熱心で頑張り屋さんですが、融通が利かない面があるのでアドリブは苦手です。経理など数字を扱う仕事や、縁の下の力持ち的なポジションで能力を発揮します。

5  =「アクティブでポジティブ」数字

キーワード:変化、行動、情報収集

5を運命数に持つ人は、情報収集能力に長けています。好奇心旺盛で、頭で考えるよりも先に行動に移します。頭の回転が速く、おしゃべりや文章を書くことが得意です。情報処理スピードが速いので事務仕事はテキパキこなします。多くのことを知りたがりますが、基本的に広く浅くなので深入りはしません。一つのことを極めるのは苦手です。

6 =「慈愛に満ちた」数字

キーワード:奉仕、思いやり、調和

6を運命数に持つ人は、空気を読むのが得意でバランス感覚に優れています。世話好きで尽くすタイプの人が多いです。接客業や福祉・介護などの業界で能力を発揮します。聞き上手で人の相談に乗るのも得意ですが、尽くしすぎて疲れたり、他人に対して過剰に干渉してしまうこともあります。

7 =「本質を追求する」数字

キーワード:追求、本物、こだわり

7を運命数に持つ人は、ひとつの事にじっくりと取り組むのが得意です。本物志向が強いので、研究者や職人として活躍します。自分流のこだわりがあり、自己主張はハッキリしています。疑い深い面があり、筋の通らないことが大嫌い。持ち前の分析力で問題点を洗い出して、物事を正しい方向へ導こうとします。

8  =「成長していく」数字

キーワード:成長、マネジメント、組織

8を運命数に持つ人は、向上心の強いリーダー気質です。自らの成長はもちろん、仲間の成長に喜びを感じ、チームとしての目標達成に全力で取り組みます。人材育成が得意なので、組織の中ではマネージャーや中間管理職的なポジションで能力を発揮します。プライドが高く、失敗することを恐れるあまり、常に自分を追い込みがちです。

9 =「受け入れる」数字

キーワード:寛大、全体、終わり

9を運命数に持つ人は、常に世の中を客観的に見ていて、どこか達観しているような現実離れしたところがあります。優しく穏やかな性格ですが、理想が高く理不尽なことは大嫌いなため、組織内で働くよりも自分がトップに立てる環境が合っています。良い意味で諦めて受容しているとも言えます。捉えどころがなく、よくわからない気難しい人、孤高の人というイメージを持たれてしまうこともあります。

■マスターナンバーとは

数秘術

生年月日から運命数を導き出した結果、11、22、33のようにゾロ目になった場合、「マスターナンバー」と呼ばれ、スピリチュアルな数字として扱います。

マスターナンバーを運命数に持つ人は、強運の持ち主と言われます。生まれながら才能に恵まれ、少しの努力で大きな成功を手に入れる可能性を秘めているとされます。ただし、他の人とは違う試練を与えらた数字であるため、数奇な運命とも言えます。受け身にならず、積極的に物事にチャレンジすることで強運を生かすことができます。

11=「ひらめき」数字

キーワード:直観力、繊細、引き寄せ

11を運命数に持つ人は、1と2の両方の要素を持っています。直観力が鋭く、まるで天から何かが降ってきたようにアイデアがひらめきます。引き寄せやシンクロが起きやすく、インスピレーションと美的センスで、芸術的才能を発揮する人も多いです。1のリーダー気質と、2の周囲に合わせるバランス感覚を兼ね備えるため、繊細で気疲れしやすい部分もあります。

22=「交流が広がる」数字

キーワード:双方向、コミュニティ、建設的

22を運命数に持つ人は、マスターナンバーの強いスピリチュアル要素に加えて、2のバランス感覚と4の安定感を兼ね備えているため、理想を現実に変える力を秘めています。人との交流を大切にし、たくさんの人と繋がりを持つことでコミュニティが広がり、発展していきます。責任感と正義感が強いので、人間関係で衝突しやすい面もあります。

33=「スケールの大きい」数字

キーワード:包容力、規格外、特殊

33を運命数に持つ人は、発想力も愛情の深さも行動力も、全てが規格外でスケールの大きさが特徴です。常識の枠に収まりきらない独特の発想とカリスマ性があるため、人とは違う生き方で成功します。経営者としてはもちろん、人類、世界、宇宙といったスケールの大きいテーマを掲げた活動を通じて、世の中に大きな影響力を与えていきます。

■数字のパワーを味方につける

生年月日から導き出す運命数以外にも、日常生活の中で目にする様々な数字、たとえば車のナンバー、電話番号、部屋番号、レシートの通し番号、受験番号などからも、その数字の持つパワーや意味を読み解くことができます。全ての数字には意味があると考えるのが数秘術の基本です。

数秘術はシンプルですが、とても奥が深い占術です。今この瞬間に目にした数字から直感的に受け取るメッセージや、1年ごとのテーマ、自分が持って生まれた人生の目的など、数字の持つ意味やメッセージから占っていきます。人生の節目や転機を迎えた時、困難を乗り越え幸運を掴むヒントを得る方法のひとつとして、ぜひ数秘術を活用してみてください。