【日の宮燈子さん】本当の自分と向き合うための占い

占い師インタビュー
日の宮燈子さんのアイキャッチ画像

現役看護師でありながら、占い師として活動されている「日の宮燈子」さんにインタビューを行いました。気さくな方で終始笑いが絶えない会話でした。そんな日の宮燈子さんについて、ご紹介します。

占い師になるまでの経緯を教えてください

子供の頃、「あーした天気になーれ」みたいな靴飛ばしってやりませんでしたか?あれも占いみたいなもので、小さい頃から好きだったとは思います。いわゆる占いを始めたのは、1980年代後半にタロットが流行った時期がありまして、その頃となります。本屋さんにカードと解説書がセットになって販売されていました。それを購入して、自分や友人を占い始めたのが最初です。

その後、ブランクが続き、とあることがきっかけで心理分析を受けていたことがあるのですが、その経験を経たことで、占いの世界に舞い戻ってきました。本格的なカウンセラーとまではいきませんが、手の届く範囲で構わないので、助けを必要としている人に、占いで役に立ちたかったのです。自分は直感が優れていると思っていましたし、心理分析の経験が活かせると思いました。

ルノルマンカード、ジオマンシーカードなど、占術の幅を徐々に広げて行きました。たとえば、昔は「この恋はどうなりますか?」だったのが、最近は「相手の気持ちが知りたいです」という依頼のほうが多くなってるのに気付きました。タロットより、ルノルマンなどのほうがこういうケースには対応しやすかったというのがあります。このように複数の占術を組み合わせたほうが、お客様のニーズには応えやすいんですね。

現在は、週一回程度の対面占いと、オンラインでの占いを行っています。

「燈子」というお名前の由来を教えてください

悩み、苦しんでいる人に燈(あかり)を灯したいという思いがありました。でも「燈子」っていう字は、実は姓名判断では画数がとても良くないのですよ笑!。なのでウラクルに登録する時は「日の宮」を追加することでバランス調整しました。

看護師であることを公言していますよね

新型コロナが発生してから、Twitter上でその予防法や治療に関して、トンデモ内容というか、誤った情報をよく見かけるようになりました。わたしも占い師としてTwitterは活用していますが、正しい情報を皆に伝えなきゃな、と思いました。そのツイート内容に信憑性を持たせるために、看護師であることを公言しました。ただし占いを通じた健康相談というか、いわゆる病占は行っていません。

占い師の時と、看護師の時で燈子さんのキャラクターは異なりますか?

うーん、どうでしょう、看護師の時のほうが、もうちょっとおちゃらけてるかもしれません笑。私は老年期の方の看護を長くやってきたのですが、暗い顔をしている患者の方を、1日1回絶対笑わせる、ということをやっていました。患者さんからは「面白い方ですねー」とよく言われますよ!

占いは、真剣な相談内容がやはり多いので、シリアス感が強めにキャラに出てるかなとは思います。

占い師として活動する中で、意識していることはありますか?

対面占いの時は、冗談を言ったり、カジュアルにお客様と接することも多いのですが、テキスト、チャット、メール占いのような、言語コミュニケーションのみに依存する鑑定方法の場合は、丁寧に鑑定すること自体にフォーカスをしています。非言語情報である、相手の顔や雰囲気が掴み取れないため、微妙なニュアンスがお互い伝わらないことも多いからです。そこでミスコミュニケーションを起こしたくないですから。

あと最近ではSNSの使い方も重要だと思います。Twitterをまるで呼吸のように使う私ですが笑、普段の自分の人柄を知ってもらうために、SNSを使っています。

加えて、新型コロナのせいもあり、今は何かと不安定な状態が続いていますが、そんな時でも占い師としての活動はゼッタイに諦めないようにしています。一度築いたものを途中で止めてしまうと、復帰する事が難しくなる事って多いと思います。こういう時だからこそ、占い師としてお客様の前に「座り続ける』ことで見えてくるものがあると思っています。

日の宮燈子さんの強みは何ですか?

お客様の悩みの根本を突き止めるのが得意です。たとえば恋愛関係がうまく行かないのも実は、ご自身の家庭環境から来るものだったり、上司との関係が悪いのも、ご本人自身の問題であったりすることがあります。問題の主語を第三者ではなく「自分」に置き換えてみることが重要です。こういう鑑定を繰り返し行っていくことで、お客様は、どんどん自分の「軸」を形成していき、関係性の長いリピーターとなってくれたりします。

これは私が以前に、心理分析を受けてきたからこそ、得意とするところかもしれません。

ストレス解消法はありますか?

プールとホットヨガです!

お客様へのメッセージをお願いします

人生において、「悩み」は尽きないものです。しかし「悩み」そのものが、自分自身を成長させてくれる、本来のチカラを引き出してくれる、将来花を咲かせてくれるタネでもありえるのです。「悩み」がない状態が良いかというと、そうではない気がします。自分自身の内面を掘り下げることを、占いを通じて少しでもお役に立てたらと思います!