夢占いは当たる?科学的根拠や吉夢凶夢に隠された意味を知る

占い全般
夢占い

夢占いとは、睡眠中に見る夢の内容に基づいて、現在や未来の動向、自分の気持ちなどを判断する占いのことです。夢占いと一口に言っても、夢で見た出来事が現実になる予知夢や、夢の中に現れたシンボル的な人物や物、出来事から現状を分析するものもあります。あなたが見る夢に隠された意味はどのようなものでしょうか。科学的根拠の有無、スピリチュアルの観点からも解説します。

■夢占いの起源

 古くからの夢占いで代表的なものといえば、初夢を素材とする占いです。例えば、「一富士二鷹三茄子(いちふじにたかさんなすび)」はお正月の三が日に見る夢を対象にしています。一番目に富士山、二番目に鷹、三番目に茄子が出てくると縁起が良いという意味を持っていて、その一年は安泰に過ごせる、願い事が成就するという言い伝えがあります。 

ただし、同じ夢でも、人によってそのシンボルの意味が変わることもあるので、夢の内容を分析してその人に合った解釈をする必要があります。

夢占いの起源は、古くは紀元前1世紀のヨーロッパにさかのぼるとされています。日本では奈良時代の和銅5年(712年)に発行された古事記の中ですでに登場していました。では、どうして夢が占いに用いられるようになったのでしょう。そもそも夢とは何か、夢を見る理由などを探ってみましょう。

■科学的な側面から見た夢

夢はどうして見るの?

科学的な側面からみると、夢は、睡眠中に脳が情報整理をおこなっている過程に見るものとされています。人間の睡眠は、体は眠っているけれど脳は活動している状態の「レム睡眠」、体と脳は眠っているけれど、呼吸や感覚、筋肉と言った本能的な活動は続いている状態の「ノンレム睡眠」を繰り返しています。

夢を見るのは浅い眠りのレム睡眠、つまり脳だけが活発に活動している状態のときです。体が休んでいる間に脳内を整理して必要な情報だけを残しています。そして、情報整理をしている最中に、様々な記憶が結び付けられ物語を作り上げることが夢となります。

夢に科学的な意味はないけれど…

前述したように、夢は脳が情報整理をする過程で発生するものであり、特段大きな意味を持つものではないというのが科学的な分析です。ただし、悪夢が続く場合は、注意が必要なこともあります。

一般的に、夢を見るときは、脳の中でも感情をつかさどる偏桃体が興奮している状態です。偏桃体は不安や恐れのようなマイナスの刺激によって活発になるため、悪夢が続く場合は、心理的なストレスが続いている状態ともいえます。特に、過去の衝撃的な体験やトラウマが何度も夢で繰り返されるときは、うつ状態につながる可能性もあるため、気になる場合は、心療内科で相談すると良いでしょう。

また、科学的に考える場合、早寝早起きを心がける、運動する、食事内容に気を付けるといったことでも夢の内容は変わってくるので、悪夢が続く場合の改善策として生活習慣を整えることも大切です。

■心理学・スピリチュアルな側面から見た夢占い

夢占いの前身となったフロイトの夢判断

心理学者たちも研究対象として夢を取り扱い、心理的な意味での解釈をおこなっていました。現在の夢占いは、1900年にアメリカの精神科医であるジークムント・フロイトが解いた「夢判断」にあります。フロイトは、人間の無意識(潜在意識)について研究し、深層心理的な意味を夢に見出しています。

フロイトの考える夢とは、睡眠状態を守る守護者であるとされ、深層心理にある願望を夢によって妨げ、睡眠状態を継続させようとするのです。ただし、夢を邪魔に扱うのではなく、抑圧されたり表に出にくい願望が、脳の活動が解放されやすい睡眠中に、夢によって表現されると分析しています。

フロイトの夢分析によると、人の願望はそのまま夢に現れるのではなく、潜在的な意識が歪曲されていると言います。つまり、実在とは形や表現方法を変えて、シンボルやストーリーとして夢の中に登場するのです。

一方、フロイトの夢判断には「AというシンボルはBを意味する」という固定的な意味付けをしている問題点があります。例えば、検証中の被験者が反論したとしても、フロイトの意味付けに反する場合は、潜在的な願望が隠されているとの説明がなされるため、相容れない話となってしまいます。

夢占いにスピリチュアルな側面はある?

ここまで科学的、心理的な面からの分析を紹介しましたが、夢はスピリチュアルの側面からの解釈もされています。スピリチュアル的には、古来から、夢は神様からもたらされた啓示であり、霊的な意味を持つと言われています。高位の存在が情報を伝えるために夢を見させるという考え方もあります。

同じ夢を解釈したとしても、科学的な観点とは異なるため、全く別の意味を持つこともあります。フロイトの解いた夢判断は、科学的な側面とスピリチュアル的な側面との折衷的な考え方でした。しかし、スピリチュアルヒーラーが分析する夢占いは、予知夢だったり、願望とは異なる意味を持つとすることもあります。

例えば、スピリチュアルヒーラーの捉え方のひとつに「夢とは魂が里帰りしたときに見てきた内容をメッセージとして伝えるもの」というものがあります。私たちが生活している現実世界をこの世とすると、人が眠っている間、魂はこの世を離れたあの世に戻り、様々な経験をしてくると考えます。

魂は因果を解消するために夢を見せる

ところで、「因果」という言葉を聞いたことはありますか。因果とは、一連の出来事の原因と結果の関係を言います。スピリチュアルでは、人はこの世に生を受け、次の生命体へと生まれ変わる中で因果を解消していると言われています。つまり、これまでに起こった前世からの因果を解消してより良い魂になり生まれ変わっていくのです。

もしもあなたが悪夢を見てしまったら、夢占いの結果が気になるでしょうが、スピリチュアル的に考えるなら、恐れる必要はありません。魂があの世での因果を解消しているだけかもしれません。その結果、良い状態が巡ってくるため、悪い夢は悪いことが起こる前触れではなく、良いことが起こる前兆として捉えることもできます。魂が磨かれている過程で見ているかもしれないのです。

夢占いの診断方法

夢占いの判断方法として一番重要なことは、夢を見たときの印象や感情です。自分は嫌な気持ちになったのか、それとも幸せな気持ちだったのかは、大きな判断材料となります。ただし、嫌な気持ちになったとしても、登場する人物や内容によっては良い夢である場合もあります。詳細は後述する各項目を参考にしてください。

■あなたが見る夢は良い夢?悪い夢?

スピリチュアル的に夢を見るメカニズムを紐解いていくと、一概に怖い夢が悪いとは言い切れないとお伝えしました。ですが、印象に残る夢を見てしまったら、何か悪いことが起こるのではないかと気になりますよね。ここからは、一般によく見られる夢とその解釈についてご紹介します。

夢占い

動物の夢

– 猫が出てくる夢

人間関係の進展が訪れる予兆です。招き猫からも分かる通り、猫は人やご縁を呼び寄せるシンボルでもあります。特に子猫はこれから成長していくエネルギー体の象徴です。元気な子猫であれば未来が明るいものと推測されますね。

また、黒猫が登場したときも良い意味を持つと言われています。現実世界では、黒猫というと不吉な捉え方をされがちですが、夢の中では幸運のシンボルとされています。悩みが解決したり、収入があったりと良いことが起こる前触れとなります。 

– 犬が出てくる夢

猫に並んで人気の動物、犬が夢に出てきた場合、あなたが身近な人のシンボルとなっている可能性が高いです。特に美しい毛並みの犬や白い犬は幸運の象徴とされています。現在トラブルを抱えていても、知人の助けを借りて成功できるでしょう。

反対に、手入れがされていない犬や印象が良くない犬が出てきた場合、知人をきっかけにトラブルが起こる暗示でもあります。トラブルなどに巻き込まれないように気を付けてくださいね。

自然に関連する夢

– 海が出てくる夢

おだやかな海は、これまでの努力が報われる暗示です。海岸線から太陽が照らしている姿が見える場合、脚光を浴びたり活躍したり、人間関係であれば恋愛が成就しやすくなっています。反対に、荒れた海の場合は注意しなければなりません。疲れがたまっていたり心が乱れている状態であると言えます。休息を取り、心穏やかに過ごせるようにしましょう。

– 月が出てくる夢

月はチャンスが到来することを暗示し、具体的なことは、月の形を基準に判断します。新月は望みが叶う予感、三日月はこれから物事が発展していく予兆、満月は恋愛成就や仕事の成功がもたらされます。反対に、月が欠けていくときは運気が低下する可能性があるので、生活の中で気を付けましょう。また、月の明るさも判断材料に入れてください。明るい月の方がより良い未来が到来しやすいでしょう。

事件が起こる夢

– 死に関する夢 

事件に関連する夢の中でも、嫌な印象が残るのは死についてです。死というと、現実の世界では悲しかったり苦しかったりとネガティブなイメージがついています。ところが夢で見る場合、吉夢であり、幸運がもたらされると言われています。

– あなた自身が死ぬ夢

ショッキングですが、願望が叶う予兆や物事が成功するチャンスが到来する良い夢です。死と同じく、自分の葬式に関する夢も吉夢とされています。あなたがこれまで頑張ってきた目標が近々達成され、願っていた未来が手に入りやすいでしょう。

– 他人が亡くなる夢

お金が回り始める予兆です。仕事での昇進、懸賞や宝くじの当選、プレゼントをもらうなど現実的にお金が入ってくることが予想されます。就職や転職活動をしている人は無事に就職できるという意味も持っています。 他人の死を目の当たりにしなくとも、人から聞いたりニュースで知るなど間接的な認識でも構いません。いずれも吉夢とされています。

 – 火事に遭遇する夢

一般には吉夢とされています。夢に出てくる激しい炎はあなたの内に秘められた信念や成長心の具現化です。火事との遭遇はショッキングですが、注目すべきは火事の後の状態です。草原の野焼きを考えるとイメージしやすいですが、野焼き後、雑草が取り除かれて元気な植物が生えてきますよね。火事の夢も同様です。

火事の後に余計なものが取り除かれ、情熱が成就する出来事が起こる暗示となります。ただし、ボヤのように火の勢いが弱くて消火されてしまう場合、運気の低下を表しているので注意が必要です。何かに挑戦中の人は、自分にとって本当に達成したいことなのか、今一度考え直してみると良いでしょう。

■おわりに

夢占いは人それぞれの捉え方があります。科学的なメカニズムから検証することもできますし、霊的な存在に基づいて、神様からの啓示としてスピリチュアル的に捉えることもできます。

一般的に悪いとされる夢であっても、解釈によっては吉夢となる可能性もあります。悪い意味を持つ夢を見たからといって、100%当たるかもと落ち込むのではなく、トラブル回避のためのアドバイスをもらったりポジティブに捉えていきましょう。あなたの未来が輝くものになりますように!